【関東から日帰りOK】日本で一番遅い紅葉で有名な「熱海梅園」で紅葉狩りしてきた【ライトアップイルミネーション】

お出かけ

熱海で紅葉狩り

11月ももう直ぐ終わり、紅葉シーズンも終わりを迎えようとしています。

筆者も昔は紅葉には興味はありませんでしたが、大人になった今は紅葉を見る楽しみを覚えたため紅葉狩りにいくようになりました。

そうです、
大人への階段を登ったのです。

もしくは、
1UP
したのです。

今年は忙しくていけなくてもう諦めてるよぉ〜。。。なんて思っているそこのあなた!
そんなあなたに今からでも紅葉狩りが間に合うオススメスポットをご紹介します♪

熱海梅園

大量の紅葉樹

熱海梅園には、紅葉樹は約380本もあり、梅の木については樹齢100年を超える古木を含め59品種・472本が園内に存在しています。

日本一遅い紅葉

熱海梅園に存在している紅葉樹は、日本一遅い紅葉と言われており、毎年11月下旬〜12月上旬が見頃となっていてそれに合わせて紅葉祭りと言う祭りも開催されています。

また、園内への入園料は無料なので気軽に足を運びやすいですね♪

もみじライトアップ

また、紅葉祭り期間中は毎日 16:30~21:00の間、ライトアップがされており、夜空をバックに綺麗な紅葉を見ることが出来ます♪

アクセス

車の場合

東名高速道路厚木ICより約60分

電車の場合

JR熱海駅から「相の原団地」行きバスにて約15分→「梅園」下車

JR熱海駅より伊東線にて約3分→来宮駅下車→徒歩約10分

マップ

駐車場

園内には駐車場も用意されています。
結構広いので駐車難民になることは無いでしょう。

台数 100台
料金 09:00~17:00普通車300円
※二輪車100円・マイクロ1000円
17:00~21:00無料

周囲の施設

熱海梅園の周囲には、食事処や地元の野菜の販売所などもあります。

食事処については、実際に足を運んでみたので別の記事にてご紹介致します。

レポート

散策動画

東京〜来宮

今回は大人の財力にものを言わせて、指定席新幹線に乗ってやりました!!



快適ぃ〜!!

旅の駅弁

さぁ、今回の駅弁はこちら!

とろ〜り玉子とヒレカツ重です!!

外箱は黒いパッケージ。

高級感がありますね。。。!(ジュルリッ

さぁ、ご対面!!

玉子の綺麗な黄色がセクシーですね♪(?)

即完食です。

ちょっとお昼寝でもしようかな?と思ったらもう熱海に着いたので乗り換えです。


熱海からは伊東線に乗り換えてお隣の来宮で降ります。
3分くらいで着いちゃいました。


改札口は一つしかなく、熱海梅園までの看板もあるので迷うことは無さそうです♪
ただ、上り坂が続くので歩きやすい格好でくることをお勧めします。


そんなこんなで徒歩5分くらいで到着です。


駐車場もしっかり用意されています。

バス停とタクシー乗り場もあります。
バスは本数が少ないのであらかじめ帰りのバスの時間は把握しておいたほうが良いでしょう。


園内

さて、早速園内に入っていきましょう。
入場無料はありがたいですね!!


園内には300円のコインロッカーがあります。
旅行の荷物が多い場合は預けてから園内を回る事も出来ます。

紅葉

さぁ、お目当ての紅葉を貼っていきます!














澤田政廣記念美術館

園内には、澤田政廣記念美術館と言うものもあります。

熱海出身で文化勲章を受章者した澤田政廣(さわだせいこう)さんの作品を展示しています。

熱海出身の文化勲章受章者・澤田政廣(さわだせいこう)の代表作品を集めた美術館で、 多くの木彫作品をはじめ、絵画・墨彩・陶芸・版画・書など、 あらゆる領域にわたった芸術作品を展示しています。
澤田政廣記念美術館|観光・体験|あたみニュース – 熱海市観光協会 公式観光サイト

また、カフェも併設されているので一息休憩を挟むことも出来ます♪








足湯

もみじ祭り期間中は足湯も解放されてます。
園内は広く結構歩くことになるので、足の疲れを取るために寄ってみるのもいいですね♪


中山晋平記念館

大正時代の作曲家、中山晋平の別荘を移築した中山晋平記念館と言うものもあります。

「てるてる坊主」「肩たたき」「シャボン玉」などの有名な作曲を手がけて、第二次世界大戦が激しくなったのをきっかけに東京から熱海に移住したようですね。

大正初期から大衆音楽の普及に大きな足跡を残した「てるてる坊主」「肩たたき」「シャボン玉」などの著名な作曲家、中山晋平(1887年~1952年)の別荘を移築し、一般公開しています。
中山晋平は1944年(昭和19年)、第二次世界大戦がはげしくなったのを契機に東京都中野区より熱海市に移住し、1952年(昭和27年)に亡くなるまで居住していました。
中山晋平記念館|あたみニュース – 熱海市観光協会 公式観光サイト

無料で実際に建物内を見て回ることが出来ます。
実家のような懐かしい家を楽しむことが出来ます。




梅の木

また、園内には多くの梅の木が植えられています。
今のシーズンは散ってしまっていますが、咲き始めたら見に来たいと思います。





















夫婦松

一本の松が二手に分かれ、夫婦のように寄り添って伸びている夫婦松(めおとまつ)も印象的でした。
ちなみに樹齢100歳超えだとか!!!

その他

上記以外にも園内には見所が沢山ありましたので、まとめて写真をご紹介します。

























ライトアップ

日が落ち、ライトアップがつき始めると日中の雰囲気とは一変して幻想的な園内になります。











本日のオススメ商品

終わりに

紅葉シーズンが過ぎた11月下旬でも十分紅葉を楽しめるのはいいですね。

園内には紅葉以外にも様々な施設や見所があるので、忙しくて紅葉狩りにまだ行けてない方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪